【金沢市の整形外科病院】内科・リウマチ科・リハビリテーション科・麻酔科

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

新着情報

認知症サポーター養成講座を開催しました2016.12.22

当院併設の『地域包括支援センターさくらまち』の事業で、敬愛病院地域連携室の大石さんを講師(キャラバンメイト)にお招きし認知症サポーター養成講座を開催いたしました。12月13日と21の2日間に分けて当院職員60名が受講しました。
受講した職員は医療専門職としてだけではなく『認知症サポーター』として、それぞれの地域で認知症の正しい理解を伝え手助けする『応援者』として活動して参ります。
地域包括支援センターさくらまちでは、企業や地域のグループなどへキャラバンメイトの派遣事業を行っております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

認知症サポーター養成講座 オレンジリング

 

認知症サポーターキャラバン ウェブサイトより
認知症サポーターとは
「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
とくに認知症サポーターにはなにかをとくべつにやってもらうものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。
また、サポーターのなかから地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。