【金沢市の整形外科病院】内科・リウマチ科・リハビリテーション科・麻酔科

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

外来診療のご案内

ごあいさつ

院長 松井 貴至

院長
松井 貴至

宗広病院は地域密着の病院として骨折などの外傷の治療はもとより、開設当初より変形性関節症や関節リウマチなどの関節疾患の治療、特に股関節や膝関節の人工関節手術など整形外科疾患に力を注いできました。
金沢市内はもとより遠くは能登、富山県、岐阜県などからも多数の患者さんが来院され、平成27年度までの人工関節手術症例は1000例に及びます。精密機械が定期的なメンテナンスやバージョンアップが必要なように、人工関節においても定期的な診察と必要に応じ入れ換え手術が必要なこともあり、当院で手術された患者さんは責任を持って術後のアフターケアを行っております。
関節疾患に加え平成23年4月から脊椎専門医として小生が赴任してまいりました。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など腰痛、坐骨神経痛の治療を中心に診療を行っております。
内科では、内科疾患一般を気軽に幅広く診療し、外来入院を通じて地域の人々により多くの安心を提供することを目指しています。
また毎週1回、手の外科専門医による手指・手関節周辺の骨折、腱、神経の診察や手術、内分泌専門医による糖尿病外来、循環器専門医による診察も行われています。また放射線専門医によるCTやMRIの読影も診察の質の向上に大変役立っています。
さらに常時、地域の診療所、第二次・第三次医療機関と連携し、患者さまの状況に応じた対応を行い、適切な診断、治療を提供できるように心がけています。
また全職員がS・T・E・Pの頭文字で始まる4つの基本理念のもと患者さまのための医療を目指して日々努力いたしております。今後とも宗広病院を宜しくお願いいたします。